profile

ごあいさつ

​ パッチワークに出会った10歳よりも、もう少し幼かった頃。

四角の布をつなげる縫い方を、母に習ったことを覚えています。ハギレをしまうためのお菓子の缶の中には、分けてもらったほんの数本のまち針とぬい針、白い糸、お気に入りだった糸切りのペンダント。何度か開いては縫ったものの、とうとう完成させることはできませんでした。今思い出すのは、褪せた色合いの布と、指先に握った針の感触です。

意識せずに続けているこの縫うという行為が、いったい私にとって何であるのかは未だ明確に述べることはできませんが、その中で生まれるいくつかの作品が見る人の心を動かす表現であればと​願っております。

  In my childhood, even before I was 10 years old when I was enrolled in the class of patchwork.

I remember that my mother taught me how to sew together some square pieces of cloth. In a small candy box, there were few town needles, sewing needle, white thread, and favorite thread trimming pendant. I couldn’t complete at last, even though I challenged that several times. Now, I realize the texture of old clothes and the touch of needle.

What is the sewing for me, it is difficult to say clearly. But I never stop to sewing.

I wish some my art works touch someone's heart.



プロフィール

瀬川夏帆 Kaho Segawa

1994年アメリカ・インディアナ州生まれ。

静岡県浜松市にて育ち、現在は名古屋市在住。浜松学院大学短期大学部幼児教育学科修了。絵や工作を楽しむ幼少期を過ごし、10歳でパッチワーク教室に通い始める。布と糸の柔らかな素材に魅了され2013年よりアート作品の制作を始める。

​ Kaho Segawa is an artist of sawing. She was born in Indiana in 1994, and grew up in Shizuoka in Japan. From childhood, she enjoyed drawing and handicraft. she has studied under patchwork teacher since she was 10 years old. She has started making an artworks that was sawing with her original illustration since 2013.


2016   個展「Summer Sailing -夏の日に出航する、私とテキスタイル作品展」

2018 個展「montage」

   企画展「フタリとハギレ展」

2019 作品展示「KAHO SUZUKI パッチワーク×モノクロ写真 カラフルなアートの世界」

   ワークショップ「ちくちくコラージュ」

   グループ展「こうさくてん 金沢市21世紀美術館」

   個展「Where I am.」浜松

   個展「縫い、描く輪郭。」名古屋

2020 作品展示「KAHO SUZUKI」

​   個展「鈴木夏帆作品展」浜松